Just another WordPress site

地下鉄清田延伸計画の経緯

  • HOME »
  • 地下鉄清田延伸計画の経緯

 札幌市の地下鉄は、南北線、東西線、東豊線の3線があり、総延長は48キロに達します。この地下鉄が、雪国札幌の快適な都市生活を支えている交通インフラであることは、札幌市民ならだれでも実感することだと思います。また、地下鉄あるいはJRの駅は、各区の地域中心核となり、各地域のまちづくりの要にもなっています。

 ところが、札幌10区の中で地下鉄およびJRの駅がまったくない区が一つだけあります。清田区です。

 地下鉄東豊線を福住駅から清田方面に延伸することは、豊平区と清田区の関係住民の悲願です。私たちの要望は、私たち住民サイドだけが勝手に主張しているものではありません。そもそも、地下鉄の清田方面延伸は、札幌市がそのまちづくりの中で構想をつくり、正式に札幌市の長期計画に載せたものです。札幌市議会でも、市の理事者が「清田方面まで地下鉄を伸ばす」と発言してきました。つまり、地下鉄の清田延伸計画は、札幌市が市民に公式に約束したことなのです。この地下鉄清田方面への延伸計画はどのような経緯をたどってきたのか、ここに記します。 

(1)札幌の地下鉄の黎明期

 札幌市の地下鉄が開業したのは、札幌オリンピック(昭和47年2月)の直前、昭和46年(1971年)12月16日でした。南北線の北24条―真駒内間です。札幌市が地下鉄建設の検討を始めたのは、これよりさらに10年ほど前、昭和30年代にさかのぼります。

 札幌市は当初、地下鉄よりもモノレールを考えたようです。昭和36年(1961年)、札幌市交通局は「モノレール研究委員会」を立ち上げ、モノレールによる高速都市輸送機関の研究に着手しました。やがて地下鉄建設に変更したようで、昭和38年(1963年)には、ゴムタイヤ方式の計画を固めます。昭和39年(1964年)には、東苗穂の札幌市交通局自動車訓練所に長さ150メートルの試験軌道を建設し、車両の開発に着手しました。

 こうした準備とともに、札幌市は地下鉄計画の策定作業に入り、昭和42年(1967年)7月、札幌市高速軌道等専門委員会は「札幌市における高速軌道整備計画に関する報告」を原田與作市長に答申します。内容は、南北線と東西線の2路線を造るというもので、昭和60年(1985年)を完成目標年度としました。

 当時も今と同様、採算性に国は難色を示し、大蔵省から「熊でも乗せるのか」と揶揄されたようです。しかし、当時の札幌市交通局は「なんとしても地下鉄を造る」という決意で、奮闘。多くの困難を乗り越え、国の認可を得て、南北線を札幌オリンピック前に開業させたのです。

 札幌市は、札幌オリンピックと地下鉄の2つを礎に、北の大都市として飛躍的に発展していくことになったのは周知の通りです。

(2)清田方面の地下鉄計画の源流

 地下鉄南北線が開業した当時、既に「第2南北線」構想がありました。これは、通勤通学客が南北線に集中し、その混雑緩和が求められたからです。路線は、栄町―札幌駅北口―山鼻地区とされましたが、すぐこの路線は立ち消えになります。しかし、この構想が現在の東豊線の源流だったと思われます。

(3)地下鉄50キロ構想、清田方面延伸の計画登場

 昭和50年代に入り、札幌市は人口がどんどんと増え、交通網の整備が急務になります。板垣武四市長は札幌市総合交通対策調査審議会(総交審)を設置して検討します。そして、昭和54年(1979年)12月、総交審は「地下鉄等の大量公共輸送機関の整備計画について」という答申を板垣市長に行います。

 内容は、北・東線(第3線)(栄町―北野)と東西線(琴似―手稲東)を昭和70年(1995年)までに整備するというものでした。

昭和54年(1979年)、清田方面まで地下鉄を伸ばす構想が示された(総交審答申)

  「北・東線」とか「第3線」というのは、今の東豊線です。当時は、まだ東豊線という名称はありませんでした。以前あった「第2南北線」が、「北・東線」「第3線」という名で正式に表舞台に登場してきたのです。そして、この地下鉄は「北野」まで伸ばすとなったのです。これが地下鉄清田延伸計画のルーツです。

 ただし、「北・東線」は、東区の建設を優先し、豊平区方面は後回しになりました。これは「南北線北部の混雑状況、工事施工の難易性、市街地の発展状況、効率的運営、都心集中型の交通動態を考慮すると、北・東線のうち北東部から緊急に整備すべきであると判断される」(答申)とされたからです。

 しかし、これが地下鉄清田方面延伸の道筋を作ったことは確かです。札幌市は昭和54年の総交審答申を踏まえて「地下鉄50キロ構想」(南北線:麻布―真駒内14キロ、東西線:新さっぽろ―手稲東20キロ、東豊線:栄町―北野16キロ)という地下鉄建設方針を決めました。その後、札幌市はこの「地下鉄50キロ構想」に基づいて地下鉄を順次建設、整備し、現在、総延長48キロに達しています。この「50キロ構想」で、いまだに実現していないのが福住―清田方面延長区間だけなのです。

 「地下鉄50キロ構想」では、完成目標年度は昭和70年(1995年)とされました。この地下鉄清田方面延伸計画に歩調を合わせるように、清田区地域では住宅建設が進みました。背景には、「地下鉄が来る」という期待があったからです。

(4)清田延伸ルートと駅が発表される

昭和60年(1985年)に発表された東豊線延長区間のルートと駅

 昭和60年(1985年)8月、「札幌市50キロ構想」の清田方面のルートと駅が公表されました。これは、札幌市高速鉄道調査専門委員会が板垣市長に答申した「札幌市における地下鉄次期整備路線の在り方について」という報告に盛られたものです。

 それによると、東豊線の「豊水すすきの」以遠の駅は、「学園前」「豊平」「美園」「月寒中央」「福住」「共進会場」「月寒東」「北野」と明記されたのです。ルートは、福住駅先から左折して「共進会場」方面に向かい、北野通を通って「月寒東」「北野」に向かうというものでした。東豊線終点「北野」駅は、北野通と清田通の交差部付近とされました。

 さらに、完成目標は昭和70年(1995年)とし、まず第一段階として「豊水すすきの」から「福住」までを建設するとしたのです。

(5)東部地域開発と一体の地下鉄清田延伸

 この答申は、「地下鉄を清田方面延伸と札幌市東部地域開発との関係」についても言及しており、注目されます。答申は次のように述べています。

 「平岡・里塚地域においては、大規模プロジェクトである東部地域開発基本計画に基づき、新市街地としての宅地開発が進められており、既存の路面交通機関では増大するこれら輸送需要に対応できない状況にある」

 「このため、今後これから新たに発生する輸送需要に対処するとともに国道36号の混雑緩和を図るため、バス輸送を定時性の高い大量高速輸送機関である地下鉄輸送へ転換させ、地下鉄を主軸とした効率的な地区交通体系を確立することが、この地域の交通施策上における緊急課題となっている」

 東部地域開発基本計画とは、昭和49年(1974年)に札幌市が策定した地域開発計画で、当時、畑、原野、山林が広がっていた札幌東部地域1265ヘクタール(現在の清田区平岡、里塚緑ヶ丘、平岡公園東、厚別区上野幌など)を官民で開発し、住宅2万9000戸、人口11万人のニュータウンを建設しようというものです。

 当然、多くの人が居住する新しいまちが誕生するわけですから、先の答申でも地下鉄の整備に言及したのだと思われます。

 そして、この東部地域開発計画はほぼ達成し、現在、多くの人が居住する一大ニュータウンが形成されています。ところが、東部地域開発と一体であるはずだった地下鉄の清田方面の延伸実現はいまだに達成されていないのが現状です。

(6)地下鉄延伸、札幌市長期総合計画に明記

 昭和62年(1987年)8月、札幌市は東豊線の豊水すすきの―福住間の建設申請を国に行いました。「50キロ構想」のうち残る東豊線福住―北野と東西線琴似―手稲東は申請が見送られました。

 新聞報道によると、当時の板垣市長は「現状では両線延長を同時申請すると双方とも遅れる心配があり、東豊線の福住までとしたが、両線の昭和70年完成をあきらめたわけではない」(北海道新聞:昭和62年9月1日)と発言しました。

 このときは申請を見送ったものの、板垣市長は清田方面延伸のスタンスを変えていないことが読み取れます。

 そして、昭和63年(1988年)3月策定の第3次札幌市長期総合計画に「東西線(手稲東方面)、東豊線(北野方面)の延長を推進する」と明記されたのです。

 札幌市議会でも市長や市幹部が「北野方面延長」を明言していました。

 こうした札幌市の動きを見て、清田区地域に家を購入、居住を決めた人は数多くいます。なかには、将来の発展を見込んで会社を他区から移転した人もいます。

(7)清田方面だけが取り残される

清田区内の国道36号沿いに建つ地下鉄延伸を訴える塔

 その後、札幌市は「地下鉄50キロ構想」で残った2路線のうち、東西線琴似―手稲東を優先する方針を固めます(1991年7月)。

 「東豊線(北野方面)の建設を推進する」とした第3次札幌市長期総合計画でしたが、その第3次5年計画(平成8~12年度:1995年~2000年)では、札幌市は、地下鉄建設について「地下鉄東西線延長建設(琴似―手稲東)」と記載したものの、東豊線福住―北野は記載がありませんでした。消えてしまったのです。

 ただ、当時の桂信雄市長は「順次、建設をしていく」と述べ、福住以遠の延長に含みを持たせる発言をしました。

 しかし、平成6年(1996年)に策定作業を始めた第4次札幌市長期計画(平成12年=2000年スタート)では、とうとう地下鉄建設の記載は一切なくなりました。

 札幌市の長期計画に載せていた地下鉄延伸が記載されなくなった背景には、当時、バブル経済が崩壊し、巨額建設費と赤字の地下鉄建設に慎重論が台頭してきたことがあると思われます。平成9年(1997年)11月には拓銀(北海道拓殖銀行)の経営破綻などもありました。

(8)清田延伸ルートを国道36号に変更

 清田方面だけが取り残される状況を打破すべく、当期成会は平成9年(1997年)8月、総会を開いて今後の活動方針を再確認しました。活動方針として確認したのは次の4点でした。当期成会はこの方針に基づいて今日まで活動を続けてきております。

  1. 最終的な路線要望は、あくまで里塚とする。
  2. 当面の活動としては、まず清田区役所付近までの早期延長を要望していく。
  3. 延長計画路線を、国道36号線経由へ変更する(従前は北野通り経由)。
  4. ドーム周辺国有地のスポーツエリア整備を働きかける。

 この方針のもと、翌月の平成9年(1997年)9月、当期成会は市長と市議会議長に要望書を提出しました。内容は以下のようなものでした。

  1. 延長計画路線を、従前の福住―北野間から、国道36号線経由で清田区役所周辺へ至る路線へと変更し、早期着手を望む。
  2. 札幌ドーム周辺国有地については、ドームを中心とした一大スポーツエリアとして整備することを望む。

 延長計画路線を従前の北野通りから国道36号線に変更要望したのには、2つの背景事情がありました。一つは、清田区が平成9年(1997年)11月に豊平区から分区して誕生し、清田区役所が国道36号線近くに開設されることになったことです。もう一つは、国道36号線沿いに、2001年開業予定の札幌ドーム建設計画が進み、翌1998年に着工となる事情がありました。

 札幌市も、延長計画路線を国道36号線ルートに変更して検討することになりました。

(9)清田区が「まちづくりビジョン」に地下鉄清田延長を明記

 平成9年(1997年)11月に豊平区から分離して誕生した清田区は、早速、区のまちづくりの方向性を示す「清田区まちづくりビジョン」の策定作業に入ります。清田区内各界の代表者でつくる「きよたまちづくり区民会議」を組織して検討し、さらに2度にわたる区民アンケート調査などをもとに、清田区は平成11年(1999年)3月、「清田区まちづくりビジョン2020」を策定しました。

 この中で、清田区は「地下鉄東豊線は清田区民と区外の人々との流れをつくるための動線として、地域中心核(清田区役所付近)まで延長する必要があります」とはっきりと明記したのです。

「清田区まちづくりビジョン2020」に明記された地下鉄延伸構想図

 清田区は言うまでもなく札幌市の行政機関の一つ(出先)です。それが区民と一緒になって「地下鉄東豊線の清田延長」を正式に宣言したのです。

「清田区まちづくりビジョン2020」で示された清田区の地域中心核(区役所周辺)のイメージ図。地下鉄駅が描かれている

(10)清田方面延長が再浮上

 清田区が誕生し、地下鉄延長を求める声が再び高まりました。桂信雄市長は平成11年(1999年)3月、20年ぶりに総交審(総合交通対策調査審議会)を開設しました。桂市長が諮問したのは①地下鉄など軌道系公共交通機関網の在り方②公共交通の利用促進策―の2点でした。

 この時の最大の焦点は「札幌ドームの建設、清田区の分区などの状況を踏まえ、地下鉄東豊線の福住駅以遠の延長の是非やルート、事業採算性」(北海道新聞1999年3月16日)でした。昭和54年(1979年)の前回総交審の「地下鉄50キロ構想」の中で、唯一積み残しになっていた地下鉄清田方面延伸の是非を真正面から取り上げたのです。

 この総交審は2年後の平成13年(2001年)4月、報告をまとめ、桂市長に答申しました。そこには清田延伸について「地下鉄の延伸に向けた検討を進めていくことが必要」「運営の効率化が図られた場合には、採算性は確保できる」とありました。つまり、「地下鉄を清田方面に延伸すべし」という結論だったと私たちは理解しています。

私たちは、清田方面への地下鉄延伸を強く求めます

 この時の検討では、延長区間は「清田」までの国道36号線ルートで、総延長は4・2キロ。駅は「札幌ドーム」「東月寒」「北野」「清田」の4駅を置くとしました。事業費は1050億円。累積黒字化年数は33年ですが、上下分離方式で運営すれば28年目で累積黒字達成できると試算しました。国の黒字化目安の30年をクリアできるとされたのです。

 このときの総交審は、地下鉄清田方面延長について、さらに次のように説明しました。

 「清田方面は人口も集積しつつあり、さらに後背圏での人口増加も見込まれるなど、地域中心核としてのまちづくりが必要になっている」

 「また、札幌ドームへのアクセス確保や、国道36号の清田方面から地下鉄福住駅に向かって発生する将来需要への対応も必要である」

 「軌道系交通機関の整備は、都心から清田地域中心核に向かって骨格軸が形成され、地域中心核の育成・整備に寄与するほか、札幌ドームへのアクセス手段としての役割も期待される」

 札幌市の総交審はこのように言い切って、「地下鉄の清田方面延伸を進めるべし」との結論を打ち出したのです。私たちはそう理解しています。

(11)札幌市が「地下鉄清田延伸は困難」と表明

 平成13年(2001年)の総交審で、「清田延伸」の答申が出されましたが、その後、延伸の話は具体化しませんでした。札幌市は「清田延伸すべし」の総交審の報告を内部で見直し、「清田延長は無理」と180度変更したのです。

 平成23年(2011年)10月、札幌市は清田区民センターで当期成会への説明会を開催し、「清田延長は無理」との考えを伝えたのです。その理由として、札幌市は「平成13年(2001年)の総交審で清田方面延長は、実現可能性が高いと判断されたが、その後、第4回PT(パーソントリップ)調査で需要が減少となった。新たな将来人口予測など踏まえて、総交審の事業採算性を見直し、再検討した」(札幌市の説明資料)と述べ、「30年で累積黒字化が出来ないから」と説明したのです。

 そして、札幌市は翌平成24年(2012年)1月、札幌市総合交通計画を策定しました。ここには、地下鉄の延長計画は全く記載されませんでした。さらに、「交通基盤の骨格構造は、これからの都市活動を支えるうえで、大幅な拡充は要しない水準に達しています」とまで書かれています。

 「交通基盤の骨格構造」とは、地下鉄のことでしょう。清田方面に居住している我々からしたら、それが「大幅な拡充は要しない水準に達している」という判断は全く容認できません。

(12)秋元市長の公約

 平成27年(2015年)、秋元克広新市長が登場しました。秋元市長は選挙公約(マニフェスト)で「冬季五輪・パラリンピック招致に合わせて、札幌ドーム周辺の国道36号線と羊ケ丘通りの間の土地に、選手村やメディアセンター等を設置し、その後の活用策(マンション、ホテル、商業施設等)も含めて地下鉄清田方面延伸を検討します」と主張して当選した市長です。前市長とは少しニュアンスの違う発言をされる秋元市長に我々は期待を持っています。

 現に、秋元市長は当選間もない平成27年(2015年)7月に行われた「清田区民ふれあい夏まつり」に来て、開会式の席上で「地下鉄の延伸を含めて清田区の将来をしっかりと考えていきたい」と、はっきりとした口調で清田区民に宣言したのです。

 しかし、現在、延伸の具体的な検討着手までには至っていません。引き続き、「清田方面に地下鉄を」という地域住民の悲願の実現を私たちは求めて参ります。

地下鉄清田延伸を呼び掛けるポスター

 私たちは、地下鉄の清田方面延伸について、以下のような観点での検討が必要と考えています。

 札幌市は「まちづくり戦略ビジョン」の中で清田区役所周辺を「地域交流拠点」に位置付けています。しかし、地下鉄駅が無いために、地域中核交流拠点の形成は進んでいません。地域中核拠点が形成されないために、いわゆるコンパクトシティー可も進まず、大型商業施設等が清田区内では無秩序に立地しているきらいがあります。地域のまちづくりの観点から地下鉄が必要と考えます。

 近年は、北広島市大曲地区に大型商業施設が集積するなどして、清田方面の道路、とりわけ国道36号線と羊ケ丘通りの交通渋滞が深刻化しています。こうした車の洪水を防ぐために地下鉄延伸が必要と考えます。

 清田区と隣接の北広島市大曲地区、さらには恵庭方面という広域的な観点に立って、清田区の交通インフラを考える必要があると考えます。

PAGETOP
Copyright © 地下鉄東豊線建設促進期成会連合会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.